企業情報

トップメッセージ

私たちは2000年に創業して以来、
ゲノム解析とコホート研究を基盤とした「創薬」研究を心がけてきました。

 ヒュービットジェノミクス(HuBitgenomix)という社名は、「Human:人」と「Bit:binary digit(2進数字)の略」、「Genomix:遺伝子と遺伝情報の研究」を組み合わせた造語です。私たちは、遺伝子情報など一人ひとりの貴重なデータに基づいて、人々の健康に貢献するさまざまな解決策を見つけ創り出すことが私たちの使命と考えています。

 当社は2000年の創業以来、コホート研究とゲノム解析を基盤とした創薬研究に取り組んでまいりました。コホート研究の手法は、人の疾患に至る過程を長期間にわたりつぶさに観察・追跡していくことが基本で、非常に根気が求められます。しかし、そこで得られた研究結果は新しい治療薬や診断ツールの開発などに活用される大きな可能性を秘めています。実際、当社では産・官・学・民との連携による長年のコホート研究の結果をもとに、糖尿病性腎症の診断キットと診断法を開発。アレルギー疾患においても予防法を発見し、ともに現在は治療薬の開発に発展しています。

 私たちは「患者様の症状を軽くする薬ではなく、完全に治療する薬」を目指し、オリジナリティあふれるアイデアをもとに、飽くなき挑戦を続けています。ここまで研究にご協力くださった患者様や先生方とともに、本当に皆様の役に立つ商品をお届けすることが私たちの夢です。

 これまで、研究においていくつもの失敗もありました。失敗には悔しさがつきものですが、それ以上に私たちにいろいろなことを教えてくれます。失敗に学ぶことを忘れずに、「真似をされても真似はしない」という社是を心に刻み、これからも果敢にチャレンジしていきます。

ヒュービットジェノミクス株式会社 代表取締役社長 一圓 剛

会社概要

名称 ヒュービットジェノミクス株式会社
代表者 代表取締役社長 一圓 剛
設立 2000年4月28日
所在地 東京本社
〒104-0045 東京都中央区築地7-10-2築地小川ビル3F
TEL:03-5148-3990(代表) FAX:03-5148-3991
従業員数 13名
資本金 154,960千円
事業内容 当社では2000年の設立以来、大学、医療機関及び地域社会と協同して構築したコホートな対象者の集団)をもとに、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(平成13年4月1日施行、文部科学省・厚生労働省・経済産業省)等に対応し、倫理、個人情報の保護に十分に配慮したSNP(Single Nucleotide Polymorphism(一塩基多型)=個人間における1遺伝暗号の相違)解析研究基盤の整備を進めてまいりました。現在弊社は「コホート研究」を基盤として、製薬会社、診断薬会社、食品会社等と共同で、「効能、効果についての科学的な根拠(エビデンス)がしっかりと蓄積された医薬品、診断薬製品、特定保健用食品などの開発につながる研究成果(知的財産)を創出する事業」を手掛けております。
主要株主 滋慶グループ、役員
主要取引先 扶桑薬品工業、エーザイ、中外製薬、明治、アデカ、博報堂、サントリー、帝人ファーマ

2019年8月末現在

沿革

2000.4.28
人員拡大と研究所拡大に伴い千代田区隼町に移転
2000
12
人員拡大と研究所拡大に伴い千代田区隼町に移転
2001
12
ヒュービットジェノミクス株式会社に社名変更
米国Applera Corporation(Celera Genomics Group)と資本提携
7
山形大学医学部と生活習慣病に関与する遺伝的素因と環境要因の解明を目的とした共同研究を開始
2002
7
合計11億円の第三者割当増資を実施
7
福岡県久山町における生活習慣病のゲノム疫学研究プロジェクト(文部科学省科学技術振興調整費(先導的研究等の推進)課題)に参加
2003
8
合計6.7億円の第三者割当増資を実施
2004
4
合計1.1億円の第三者割当増資を実施
7
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成16年度産業技術実用化開発助成事業の採択を受け、糖尿病性腎症の早期診断を可能とする診断薬製品の開発を開始
8
独立行政法人理化学研究所横浜研究所遺伝子多型研究センターに、疾患関連解析システム「LD Miner」を販売
12
医薬品医療機器総合機構の「平成16年度医薬品・医療機器実用化研究支援事業」の採択を受け、国立循環器病センターと共同でアドレノメジュリンの急性心筋梗塞治療薬としての臨床開発を開始
2005
1
扶桑薬品工業株式会社と遺伝子多型情報を利用した糖尿病治療薬及び診断薬の開発を目的とした共同研究を開始
6
九州大学、久山町などの支援を受けて設立された有限責任中間法人久山生活習慣病研究所に株式会社NTTデータとともに社員として参加
9
合計3億円の第三者割当増資を実施
10
エーザイ株式会社に対して、山形大学と共同で実施したパーキンソン病に関する遺伝子多型解析の研究結果のライセンスを開始
2006
4
合計2.4億円の第三者割当増資を実施
2007
2
オストジャパングループと医薬品・食品分野での共同による製品開発を目的とした業務提携を開始
5
deCODE genetics社と遺伝子ゲノム解析サービスにおける業務提携を開始
2008
2
DNAチップ研究所へラボ機器譲渡により、
解析業務をアウトソーシング化
2
合計3億円の第三者割当増資を実施
3
合計5,000万円の第三者割当増資を実施
5
合計2,000万円の第三者割当増資を実施
7
ピリオドック社の事業の一部を譲り受け、
月経血解析関連事業へ参入
2009
7
合計3,000万円の第三者割当増資を実施
11
減資を実施(資本金1,000万円)
12
独立行政法人科学技術振興機構(現・国立研究開発法人)の研究成果最適展開支援事業シーズ育成タイプ(A-STEP)の採択を受け、糖尿病性腎症に特異的な診断方法の確立と治療ターゲットの同定を開始
2011
3
R1ヨーグルトのインフルエンザ予防効果を確認し公表
2012
1
滋賀県長浜市のバイオインキュベーションセンター内に長浜オフィス開設
6
A-STEP及び糖尿病性腎症に特異的な診断方法の確立と治療ターゲットの同定を終了
9
沖縄ウェルネス協議会、ノニジュース統計解析研究を発表
2013
9
青汁の地域コホートのおける評価試験実施
2014
4
糖尿病性腎症診断キット開発試験開始
9
医師主導臨床試験LEAF-CHFを開始
12
扶桑薬品工業と糖尿病性腎症の診断キット開発に関する開発契約締結
2015
3
長浜オフィスでの事業終了及び閉鎖
11
山形県舟形町健康増進事業表彰
2016
6
早期糖尿病性腎症診断マーカーの特許申請
8
合計635万円の第三者割当増資を実施
2017
6
有田オフィス閉鎖
11
アレルギーの一次予防に関する特許申請
2018
1
合計6,040万円の第三者割当増資を実施
5
合計3,815万円の第三者割当増資を実施
7
合計3,500万円の第三者割当増資を実施
10
アレルギーの一次予防に関するPCT出願申請
2019
3
合計507万5千円の第三者割当増資を実施

役員紹介

代表取締役社長 一圓 剛
代表取締役社長 一圓 剛
エーザイ株式会社を経て、2000年4月ヒュービットジェノミクス設立に参画。
エーザイ在籍時より培ってきた医学・医療界、関係省庁に対するネットワークをもとにゲノム疫学研究を民間で初めて実施。理化学研究所・東京大学医科学研究所・九州大学と遺伝統計解析、ゲノムコホート、に関わる技術開発、基盤開発を行ってきた。
取締役 肥塚 靖彦
キリンビール株式会社、インタープロテイン株式会社を経て、2016年5月にヒュービットジェノミクスに基礎研究部部長として入社。
キリン在籍時に、α-GalCerの発見を契機としてNKT細胞を活用した治療法の開発に従事し、免疫学の知識を蓄積。それが、アレルギー疾患予防法の開発につながっている。
取締役 髙橋 史俊
株式会社大興電機製作所(現・サクサホールディングス株式会社)、医療法人社団清光会事務長を経て、2019年2月、ヒュービットジェノミクスの内部監査室長として入社。
人事・総務部門の他、工場の事務責任者や医療法人の事務長として管理部門を幅広く経験している。
社外取締役 白石 利幸
株式会社西鉄エージェンシー、株式会社交通広告サービスを経て2019年3月に当社の社外取締役に就任した。一貫してマーケティングに携わり、まだニーズが顕在化していない「潜在層」に対し、コンテンツをとおして自社の存在を認知してもらい、段階的に購買へとあと押ししていくコンテンツマーケティングの経験が豊富。
常勤監査役 猪俣 英夫
日本ラヂヱター株式会社(現 マレリ株式会社)を経て、株式会社アイフリーク(現 株式会社アイフリークモバイル)で取締役内部監査室長、常勤監査役を経験したのち、2019年11月、ヒュービットジェノミクスの常勤監査役に就任した。
社外監査役 福島 英明
住友化学工業株式会社、台糖ファイザー株式会社、キリンビール株式会社を経て2018年3月ヒュービットジェノミクスの非常勤監査役に就任した。
社外監査役 田中 秀典
サッポロビール株式会社取締役経理部長、サッポロホールディングス株式会社代表取締役専務、株式会社サッポロライオン代表取締役会長を経て、2020年3月非常勤監査役に就任した。